スポンサードリンク

スマートフォンのiPhoneを改造する脱獄という手法によって、
端末の中に保存されてあるクレジット番号やパスワードなどが外部に漏れ
送信されているケースが相次いで起こっているようです。
datugoku2

52才のある病院職員の男性は10月上旬に
利用する40以上のサービスのパスワードなのがインターネット上で
誰でも見られる状態になっている事を告げられる絶句。

 

男性は公式のストアにはないアプリを端末に入れようとして
脱獄プログラムを実行し自分のiPhoneを脱獄。

 

脱獄アプリというものは公式にはなくて非常に便利なアプリ・ソフトがあり
電池が切れそうになると音を鳴らして知らせてくれるアプリや
アプリ一覧をメールで送ったりしてくれる非常に便利なアプリがたくさんあります。

しかし彼はその危険性も知らずに病院の無線LANを使い職員用の暗証番号や
FacebookやGoogleのIDやパスワードすべてを流出させてしまいました。

 

専門家はウィルス感染などの危険が非常に多いことを認識すべきだと指摘しています

 

読者の皆様はくれぐれもこういった脱獄というソフトウェア改造などをiPhoneで行わないようしたほうがいいかと思いますもし壊れてしまってもアップルストアでは修理屋保障が利かなくなってしまいますよ!!

スポンサードリンク

 カテゴリ

 タグ